セクキャバとは?セクシーキャバクラで実際に働いてみた体験談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セクシーキャバクラ、略してセクキャバが人気になっています。

とはいえセクキャバが何か、実はあまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

そこで今回の記事では!男性視点で知りたいセクキャバの料金システムや特徴、それから女性視点で知りたいセクキャバの仕事内容や雰囲気、給料面まで。まるごと解説していきます!

セクキャバとは?

セクキャバはおっパブとも呼ばれています。

セクキャバはおっパブとも呼ばれる過激なキャバクラ

セクキャバとは、セクキャバ嬢のおっぱいを触ったり、キスしたりしながら(セクキャバ嬢は膝の上に座ってくれるか隣に座ってくれます)

お酒を飲んで過ごすお店・・・いわゆる普通のキャバクラよりセクシーなキャバクラのことです。

抜きはないからキャバクラ以上風俗未満といわれている

おっぱいを触ったりキスをしていたりすればムラムラするのが男性心理ですよね・・・

しかし残念ながらセクキャバに抜きはありません。
セクキャバ嬢が男性の性器を触ってくれることはありません。男性側はセクキャバ嬢の下半身の性器に触ってはいけません。

このような特徴から、セクキャバはキャバクラ以上・風俗未満と言われています。

風俗があるのに⇒わざわざセクキャバに行く理由

風俗に行けば抜きがあるにも関わらず、わざわざムラムラするだけのセクキャバに行く理由は・・・

スキンシップを楽しみたい、スキンシップで癒されたいというものが中心です。

他は風俗に行くのが面倒だからという方もいます。

セクキャバでムラムラしてテンションを上げて⇒そのまま風俗に来店して発散という楽しみ方をする方もいます。

また、風俗だと性病のリスクが不安だからスキンシップ系はセクキャバまでで留めているという方もいます。これは彼女や奥さんがいる男性に多いです。

セクキャバのシステムについて。セクキャバの遊び方

セクキャバのシステムは基本的にキャバクラと同じです。

細かい料金設定や、店内の雰囲気(セクキャバはプライバシーに配慮したこぢんまりとした内装/座席のところが多い)は、各お店次第で異なるものの、キャバクラと同じ料金体系だとイメージしておけばスッと馴染みやすいです。

女の子はキャバクラ同様入れ替わる(場内・本指名も可能)

セクキャバもキャバクラと同じように女の子が一定時間ごとに入れ替わります。

もちろん場内指名・本指名をすることもできます。

料金はキャバクラと同じくらい~少し高いくらい(お店による)

セクキャバの料金は1セット40分~60分(お店による)6,000円~8,000円くらいが目安です。
1セットでいくらというキャバクラ的な料金システムになっていることがほとんどです。

セクキャバでシンプルに、指名とかセクキャバ嬢へのドリンク提供無しで過ごすなら10,000円以下で収まることがほとんどです。

セット料金+ドリンク代・・・料金システムを解説!

上記でご紹介したセット料金が基本となり、セクキャバ嬢に提供するドリンク(飲ませてと言われても飲ませないこともできます。飲ませなければドリンク代はかかりません)は1杯1,000円くらいということが多いです。

気に入ったセクキャバ嬢を指名したいなら1,000円~2,000円かかってきます。

セクキャバの流れ

セクキャバにお客様として来店するなら、さっそくお店に行って受付をします。

個室っぽい座席、もしくはカーテンで区切られていたりあまり区切られていなかったり・・・それはお店次第ですが、とりあえず着席すると、男性1人につきセクキャバ嬢が1人ついてくれます。

セクキャバ嬢は膝の上に座ることが多いです。向き合っていちゃいちゃしたり、隣に座った状態でいちゃいちゃしたりすることができます。

セクキャバ嬢に対してしていい内容はこちらです。

  • おっぱいを触る
  • 乳首を舐める
  • キスをする

下半身を触るのはNGです。
おっパブとも言われるセクキャバなので、上半身だけを触ることができます。

セクキャバ嬢は、そのお店のセット時間にもよりますが、1人15分~20分で交代します。そして1セットで2人~3人交代します。

セクキャバの体験入店の流れ

続いてはお客様としてではなく『セクキャバ嬢として働きたい』という女性に向けて、セクキャバの体験入店の流れをご紹介します。

セクキャバで働きたくなったら、まずは応募しましょう。
水商売系の求人サイトで検索したり、スカウトに相談してお店を紹介してもらったりして働き先を見つけます。

応募して面接を受けて採用となれば初出勤日(体験入店日)を決めます。

体験入店では『合わない』と判断したらその場で入店を辞めても大丈夫です。そのための日です。
体験入店の1日は時給が高く設定されるケースが多いようですが、これはお店によります。

セクキャバはお店にもよりますが、よほどの人気店もしくはピーク時間帯だけに入る場合を除き常に接客し続けることは・・・あまりありません。

おしぼりで体を拭いたりうがいをしたりする休憩タイムも、間に挟まれます。忙しいときにはこれが短くなりますが、暇なときは待機スペースでのんびり携帯をいじっていてもOKです。

1回あたりの接客時間は15分~20分(セット時間にもよります)
そこでお客様と半個室や座席でいちゃいちゃ・・・
時間が来たら黒服(ボーイさん)に呼ばれるので、お客様に挨拶して席を立ち、うがいやおしぼりで体を拭くセクキャバ嬢用のスペースに行きましょう。

ちなみに、黒服(ボーイさん)に呼ばれて席を立つタイミングで、お客様が場内指名してくれる可能性もあります。そのときはお客さんが帰るまで接客を継続します。

場内指名(店内で接客中にされる指名)や本指名(入店時にされる指名)をされるとバックが入ります。バックがいくらかはお店によって変わります。面接時に確認しましょう。

人気のセクキャバ嬢になれば指名料やドリンク代バックでかなりの収入を得るチャンスもあります。

ちなみに豆知識ですが・・・キャバクラと違いセクキャバは競争が激しくないことからセクキャバ嬢同士が比較的仲良くなりやすく、和気あいあいとしています。友達が欲しいという方も、同僚の中から友達が見つかるかもしれません。

キャストは普通の人が多いの?

セクキャバのキャストは派手めなギャル~地味なビジュアルの子までたくさんいます。どこの業界でもそうですが、メンタルが不安定な子やいわゆるビッチと呼ばれるタイプもいます。
ただ、セクキャバの場合は水商売のカテゴリーの中では比較的地味な感じの子や垢抜けない感じの子も多いです。

セクキャバ的には『色々なタイプの女の子が在籍していると良い』のが一般的(お客さんの好みは千差万別なので)ですが、それでもお店のコンセプトによって在籍している女の子の系統は分かれる傾向ありです。

  • お店のコンセプトが制服やコスプレ系⇒ギャル、ロリ、清楚、A〇Bなどのアイドルや萌え路線に寄せ系
  • お店のコンセプトが上記以外⇒学生~30代のお姉様まで幅広い

こういう感じになりやすいですが、もちろん絶対ではありません。あくまでも参考までにご確認ください。

ちなみに、一般的にセクキャバのほうがキャバクラよりも採用される容姿基準が低いといわれています。

キャバクラも歌舞伎町や六本木などの激戦区を除けばそれほど容姿基準が厳しいというわけではありませんが(ギャルメイクだったり雰囲気やおしゃれさ、スタイルが重視される傾向あり)、激戦区のキャバクラで不採用になった方が、それでも下町のキャバクラより稼げる仕事・・・でも風俗は怖いというスタンスでセクキャバに応募する例は多いです。

最初からセクキャバのサービスが楽だと感じて(抜きはないし、男性器を触らなくてもいいので)働き始める子もいます。

容姿に自信がないけど水商売をしたいという方、口下手だけど水商売をしたいという方にとってセクキャバは魅力的です。基本的にセクキャバは会話というよりも触りに行く場所なので口下手でも働きやすいです。

セクキャバで働いたらどんなリスクがある?

■セクキャバで働いたら考えられるリスク■

  • 変なお客さんとのトラブル
  • 友達や知り合いが来店して周りにバレるリスク
  • 性病感染のリスク

セクキャバのお客さんは基本的にマナーが良い方、普通の方が多いです。
キャバクラは派手系のお兄さんたちが来ることも多いですが、セクキャバは比較的落ち着いた雰囲気です。お酒を飲んで騒ぐというよりスキンシップを楽しむ場なので自然です。

とはいえ・・・変な人が来るリスクはゼロではありません。

変な人が来て付きまとわれて・・・というケースも、実際にセクキャバで働いている女性が経験することはゼロではありません。
そのような場合はお店の黒服(ボーイさん)に相談して対策を取ってもらうようにしましょう。

他には友達や知り合いが来店して周りにバレるリスクもあります。
これはセクキャバ、風俗、ピンサロ、メンズエステなど。そっち系のお仕事だとどうしてもリスクがあります。バレたくない女性は気を付けているようです(SNS投稿の内容や、勤務中のアリバイ作りなど)

近年キャバクラでの勤務は周りにバレても『ふーん』くらいの反応で、あまりリスクらしいものはありませんが、セクキャバの場合は周りの反応が良くない可能性があります。

バレたくない方は面接の際にお店側にその気持ちをはっきりしっかり伝えておきましょう。バレたくない女の子はたくさんいるので、セクキャバによってはアリバイ会社を用意して、そこでOLとして働いているていにしてくれる場合もあります。特に大手のセクキャバだと、サポートがしっかりしています。

リスクを回避するためには、最初からどんなリスクがあるか把握しておくことが大切です!

キスなどで性病感染リスクがある

セクキャバで働くと、キスで性病感染するリスクがあります。

性病と聞いても『挿入込みの性行為をしなければ感染しないもの』と思い込んでいる方もいるのではないでしょうか。実際、性病が怖いから風俗ではなくセクキャバを選んで働く方もいます。
そしてセクキャバのほうが風俗よりも性病感染のリスクは低いのも事実です。

・・・それでもゼロではないのです!

世の中にはキスで移る性病があります。

セクキャバはキスもサービスに含まれるので、キスをしないわけにはいきません。お店に相談してキスNGにできるケースもあるかもしれませんが、基本的には無理です。

性病感染のリスクを低下させるには、接客後のうがいや衛生管理が大切です。

給料はどのくらい?

セクキャバ嬢の給料はピンからキリまでです。

学生のアルバイトとして勤務していて月に数万円稼ぐというセクキャバ嬢もいれば、月に100万円以上稼ぐセクキャバ嬢もいます。

時給は2,500円~4,000円くらいで設定されていることが多いです。

例えば時給が3,000円なら、6時間勤務すれば18,000円になります。
お店によって所得税などをもろもろ引く場合もありますが、そのままフルでくれる場合もあります。

上記の時給の給料とは別に、指名やドリンク代のバックも給料に追加されます。
人気になればなるほどバックが増えるので稼げる仕組みです。
また、人気になればそもそも時給も上がります。

そのためあまりガッツリ働いていないにも関わらず月収100万円を超えるセクキャバ嬢も出てきます。

留学資金や学費、借金などの事情によりがっつりお金を稼がなければいけないセクキャバ嬢は1日8時間勤務、週5日というスケジュールで出勤するケースもあります。

キャバクラは19:00~20:00くらい~深夜までという営業時間が多く、キャバクラ嬢もそこに合わせて5時間くらい勤務することが多いですが、セクキャバに関しては午前中や昼から営業しているケースも多々あります。
とりあえず長時間働きたい方にもセクキャバは便利なのです!

★★★★★★

ちなみにセクキャバによっては最低保証ありの歩合制という場合もあります。

お客さんについて接客したら1回(15分~20分)で2,000円(もしくは1,500円だったり3,000円だったり)もらえる・・・というシステムです。
この場合、お店が混雑すれば1日で40,000円前後の収入になる可能性もありますが、暇だったら8,000円前後になる可能性もあります。

最低保証がない場合のリスクというか、日給の心配感はありますが・・・稼げる可能性があります。

給料体系はお店によって本当に異なる傾向なので、求人情報や面接のときの話を要確認です。

セクシーキャバクラで実際に働いてみた体験談

■セクシーキャバクラで実際に働いてみた体験談■

  • お客さんとのキスだけは凄く抵抗があったけど、慣れればなんとかなる。イケメンが来ることもあるし、そういうときはこっちがテンション上がる。つまりイイコトも嫌なコトもある。デリヘルでも働いた経験があるけど、ヌキがないぶんセクキャバのほうが楽かなあ。(Aさん/20歳/看護学生)
  • 歩合制だと時と場合によってはキャバクラやデリヘルよりも稼げます。セクキャバだとお客さんとの連絡先交換が必須じゃないし、営業しないって子もいますけど、営業努力をしたほうが収入に繋がります。稼いでる子はマジで稼いでます。稼ぎたい子にもおすすめです(Bさん/23歳/セクキャバで専業)
  • キャバより人間関係がギスギスしていない。待機中は女子トークが盛り上がるし、プライベートでも仲良くしている。キャバで友達ができたことはないけどセクでは友達ができた(Cさん/27歳/昼間セクキャバ、夜間はキャバクラで掛け持ち)

普通のキャバクラとどっちが楽しい?

男性も女性も普通のキャバクラとセクキャバのどちらが良いと感じるかは好み次第です。

セクキャバに癒される、落ち着いた感じが良いという方もいれば、お気に入りのキャバ嬢と喋ることが癒しという方もいます。
もしもセクキャバに興味があるなら『相性が良い』の第一段階クリア。まずは来店してみたり、女性なら面接に行って検討してみたりするのはいかがでしょうか。

『まとめ』セクキャバでおっぱいを堪能しよう!

セクキャバでおっぱいを堪能しよう!

セクキャバに注目です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*