patoの口コミと評判

マッチングアプリ


『ギャラ飲み』という言葉を聞く機会、増えましたよね!?

興味があるという女性も多いのではないでしょうか。

今回はギャラ飲みをしたい男性と、ギャラ飲みで稼ぎたい女性をマッチングさせるためのサービス、『pato』について、女性側の口コミや、女性から見た稼ぎやすさや特徴などを解説していきます!

pato(パト)の口コミと評判

patoはギャラ飲みアプリです。

ギャラ飲みアプリという特徴上、活発に利用されているにも関わらず口コミ数はそれほど多くありません。

ただ、その中でも良い口コミがほとんどです。一部ピックアップして確認していきましょう!

■patoの良い口コミ■

東京から電車で2時間くらいの県に住んでいます。
金土だけ東京に行ってpatoの飲み会に参加しています。それだけでも1日10万円くらいは稼いでいます。ホテル代と交通費を差し引いても、金土の2日間で17万~18万くらいの収入になるので辞められません。
平日は他に仕事をしていなくて、好きなことをやりながら暮らしていますが、むしろ真面目に働いていたころより(前職はコスメショップのスタッフでした)安定した生活を送れています。
(A・Mさん/29歳/無職)

留学費用を貯める目的でpatoに登録しました。
勉強が忙しいので週に2回、合計4時間勤務しています。だいたい月に6万円ほどです。
稼いだお金は全部貯金に回しています。もう普通のバイトをしづらくなるくらい稼げるので、普通の経済感覚を忘れないためでもあります…。
お金を貯めて留学したいとか、起業したいとか目的がある方におすすめです。
(K・Yさん/20歳/大学生)

patoでギャラ飲みしている男性陣は経営者とか芸能関係者とか、社会的地位がある人たちが多いから女の子にも優しくて働きやすいです。
前はキャバやっていて、接客大変だなって思うときもあったけどpatoは楽しく働けます。
(S・Sさん/24歳/フリーター)

★☆★☆★☆★☆★☆

女性視点でのpatoの高評価ポイントは、『稼げること』と『働きやすいこと』です。

patoの男性(ゲスト)は優しくて、女性(キャスト)に丁寧に接してくれる方がほとんどです。働きやすい環境でありながら稼げる、これって最強ですよね!?

patoに登録しているキャストの満足度が高い理由も納得です。

反対にゲストの感想はどうなのかというと、満足度が非常に高いです!ゲスト視点では、『キャストのレベル高すぎ』『patoを利用すると飲み会がすっごく楽しくなる』というのが高評価ポイントです。

ゲストもキャストも大満足で利用できるpatoは、人気になって当たり前なのです!

そもそも『ギャラ飲み』ってなに?

そもそも『ギャラ飲み』とは何かというと、報酬をもらって飲み会に参加することです。

飲み会を開きたい男性側は来てもらったお礼に、女の子たちに報酬を払います(もちろん飲食代も全部払います)
正当なギャラ飲みの場合、その報酬は直接女の子にいくのではなく、ギャラ飲みのサービスを提供している企業にいきます。

そして企業から女の子に支払われます。

お客さんから直接もらうわけではないのでトラブルなども無く、安心して参加できます!
近年ではギャラ飲みは注目されていて、メディアでも普通に取り上げられています。

コンパニオン的なお仕事でお金が稼げる

ギャラ飲みのお仕事のイメージは、コンパニオン的な感じです。

コンパニオンのように飲み会の会場に行って、その席を盛り上げてゲストを楽しませることがお仕事です。

ただ、ギャラ飲みの場合は複数人で座る飲み会スタイルが多く、合コンかつコンパニオン風と考えておくとスッと馴染みやすいかもしれません。

合コンに参加してお金がもらえるようなものだと考えれば『何それ始めてみたい!』という方は多いのではないでしょうか。

キャバクラやスナックより楽

ギャラ飲みはキャバクラやスナックで働くより楽だといわれています。
人によってはその限りではないこともありますが(特に一匹狼な性格だと、他のキャストと協力して飲み会の席を盛り上げないといけないギャラ飲みは大変に感じるかも・・・)基本的にはギャラ飲みのほうが精神的に楽です。

キャバクラのレギュラーバイトをした場合、1日あたり4~6時間くらいの勤務で、その間色々な男性の席に着いたり、勤務が終わっても営業のLINEや電話をしたりアフターに行ったりするのに対し・・・

ギャラ飲みは1回(飲み会1回)2時間くらいの勤務。1日でどれだけ働きたいかは自分で決められます。1回2時間のギャラ飲みのお仕事を1日3件入れてハシゴすれば大きな収入になります。しかもギャラ飲みはキャバクラと違って営業の連絡も不要、アフターもありません。

勤務時間が短いというポイントで見ても、精神的に楽でしょう。

また、1回の飲み会の席で2時間なので、その間に色々な男性を接客・・・というのではなく、その席ではずっと同じメンバーと過ごすわけで、これも楽に感じやすいポイントでしょう。

稼げる女性はびっくりするくらい稼げる

ギャラ飲みで稼げる女性は、びっくりするくらい稼げます。

月収100万円オーバーの女性も普通にいます。というかもっと稼いでいる女性もいます。
patoの場合は時給4,000円~スタートです。
人気になると時給はもっと上がる可能性があります。

時給4,000円・・・この時点で稼ぎやすさはお墨付きです!

今はキャバクラも、東京の歌舞伎町や六本木のようなレベルが高い激戦区以外だと、時給2,500円スタートのところも珍しくないので、patoはキャバクラと比べても高時給が設定されています。

その代わりキャバクラと比べると長時間勤務しづらいという特徴があるので、そこが気になる方は気になるかもしれませんし、真面目に接客していないとリピートされなかったり悪い評価が付いたりして稼ぎづらくなってしまう可能性もありますが・・・

それを踏まえても、かなり稼ぎやすいお仕事の部類に入るでしょう。

学費が欲しい、留学費用を貯めたい、美容にお金を使いたい、生活を楽にしたい、お金持ちの男性とのコネクションが欲しい、他の仕事は面倒くさい・・・
patoへの登録を考える理由は女性により色々ですが、稼いで、自分なりに満足のいく生活を目指すチャンスと可能性が、patoにはあるのです!

pato(パト)はお持ち帰りがあるって本当?

patoはギャラ飲みのサービスなので、あくまでも飲みの席でのコンパニオン的な役割が業務です。
それ以外のことは業務範囲外となるので、お持ち帰りはありません!!

むしろ遅い時間に飲み会が終了した場合は、タクシー代を渡してくれるようなゲストが当たり前!持ち帰りどころか丁寧に見送ってくれます。

どうしてそういう噂が出てくるのかというと、patoのようなギャラ飲みサービスはまだまだ新しいからでしょう。
新しい=あまり内情を知られていないから、いかがわしいこともあるの?などと思われやすいのかもしれません。

しかしpatoではそういうことはないので安心しください!

万が一セクハラ?と、思われるようなことを言われた場合は、すぐに運営に相談しましょう。

ちなみにpatoは1対1で接客するのではなく、複数の他のキャストと一緒に飲みの席に行くスタイルが主流です。
1人で対応しないでも稼げます!

patoの特徴!システムと報酬

patoはギャラ飲みのマッチングアプリです。
飲みの席に来て欲しいという男性会員(ゲスト)と、飲みの席に行って稼ぎたいという女性会員(キャスト)をアプリ上で繋げてくれます。

普通のマッチングアプリはだいたい登録が自由自在ですが、patoの場合はキャストになるにあたり必ず面接があります。
その時点でわかりやすいですが、キャストは容姿やコミュニケーション力を求められます。

patoでギャラ飲みできるエリアは六本木、西麻布、渋谷、恵比寿、新宿などが中心です。
もっと広い範囲に対応はしていますが、需要が高いのはやはり東京になります!

どういう男性がpatoの利用者なのかというと・・・

主に経営者や医者、弁護士、会計士、投資家、芸能界関係者などの富裕層&お金持ちの方々です。
年齢層は30代~40代が多いです。

利用目的は友達や知人と楽しむ飲み会を、patoのキャストに盛り上げてもらいたい!という感じが多く、他にも接待や仕事相手との会食後の二次会などでも使われることがあります。
こぢんまりとした小規模な席もあればワイワイにぎやかで大規模な席もあります。

『お金持ちなら高級キャバクラや銀座のクラブも行けるじゃん・・・』と、思うかもしれませんが、お金持ちは人目につかずに飲みたいという方や、水商売のプロではなく素人の女性と飲みたい、普段関わらない普通の女性と飲みたいという層が多いのです!

patoの飲み会が開催されるお店は会員制のBar、個室のあるカラオケBarなど。
一般の人の目の触れない場所がよく使われます。

patoの飲み会が開催される時間は平日だとだいたい21時~26時頃になります。

patoの給料について

patoで働くにあたって気になるのがお給料ですよね!patoは時給制なので、稼働時間に合わせて1日の報酬が決定します。

■patoの給料について■

スタンダードクラス時給 4,000円
VIPクラス時給 8,000円
ロイヤルVIPクラス時給 20,000円
指名料 2,400円
深夜手当 4,000円
最大時給 32,400円

人気になればVIPクラス時給やロイヤルVIPクラス時給も狙えます。

patoのお仕事時間は1回あたり2時間勤務が多いです。

1日2時間(飲みの席1回)だけ勤務するというキャストもけっこう多いですが、patoを本業のお仕事として働いているキャストや人気があるキャストは1日合計6時間(1日あたり飲みの席2~3回に参加)くらいになる場合もあります。頑張れば頑張るほど稼ぎやすくなっているのです。

大学生のキャストがアルバイト感覚でpatoを利用する場合は、月給にして50,000円~100,000円くらい、patoメインで働くキャストの場合は数十万円~月給にして1,000,000円~2,000,000円のお給料をもらっている方もいます!

かなり夢のあるお仕事ではないでしょうか。

運営会社について

『patoってきちんと運営されているの?』とか『運営会社はどういうところ?』とか、気になっている方は多いのではないでしょうか。

patoはきちんと株式会社が運営しているサービスなので、安心してください!!

■運営会社について■

企業名 株式会社キネカ
住所 渋谷区桜丘町31-8 渋谷ビレッジ南平台 2階
設立 2017年1月

patoを運営する株式会社キネカは、いわゆるベンチャー企業です。

社員の年齢層は若くて20代中心!活気と勢いがあります。また、社員に女性がたくさんいるので、『面接行くの怖そう・・・』と、不安に感じていた方もご安心ください!

運営は丁寧で、キャストのことをしっかりサポートしてくれます。

patoを利用するにあたり気になることや、実際にお仕事を始めてから嫌なことや不安なことがあったりしたら、気軽に運営まで相談しましょう!親身になって対応してくれます。

横浜や名古屋など!ギャラ飲みはどのエリアに対応しているの?

patoに限らず、ギャラ飲みというサービスはメディアでも取り上げられる機会が増え、対象エリアに広がりを見せています。

これからもっと広範囲に拡大していく可能性がありますが、現時点でのpatoのサービス対応エリアを確認していきましょう!

■patの対応エリア■

  • 東京
  • 横浜
  • 埼玉
  • 札幌
  • 仙台
  • 名古屋
  • 静岡
  • 大阪
  • 京都
  • 神戸
  • 広島
  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄

※対応エリアは幅広くなってきていますが、やはりギャラ飲みの特徴上、六本木、西麻布、渋谷、恵比寿、新宿あたりが最も需要があります。
稼ぎやすさは東京や横浜在住のキャストさんがダントツだといえます。

patoは審査や採用基準が厳しい!美女やギャルじゃないとダメ?

patoはアプリを利用して活動していくギャラ飲みのマッチングサービスですが、普通のマッチングアプリなどと違い、女性は誰でも利用できるわけではなく面接を潜り抜けなければいけません。

patoの面接は・・・

はっきりいって凄く厳しいです!

一説には採用率10%ともいわれています。

最近ではpatoの知名度が上がっていることから、応募する女性の数も増えています。これからまだまだ増えていく可能性が高いので、応募を検討しているなら早めに応募したほうが有利になる可能性があります。

★☆★☆★☆★☆★☆

■みんなどういうきっかけでpatoのキャストになるの?■

patoのキャストは友達や知り合いから誘われてpatoに応募⇒採用されて働き始めるというケースが多かったですが、最近ではメディアでも注目されてpatoの知名度が高まったことから、pato関係者の紹介無しで直接応募する層も増加中です。

patoのキャストになろうと思ったきっかけは、人それぞれですが多いのは以下のようなケースです。

  • お小遣いが欲しい
  • 生活が厳しいから足しにするため(本業はOLさんだったり、芸能人やモデルの卵だったり)
  • 人脈づくり(普通に暮らしていると出会えないような社会的地位のある男性たちと出会えるため)
  • キャバクラやラウンジで勤務していたけど精神的にキツくてギャラ飲みに転職

キャストは大学生~20代のOLさんが中心ですが、30代のキャストもいます。
容姿に自信がある、コミュニケーション力に自信があるという方だけでなく、占い師、催眠術師、マジシャンなど、一芸に秀でた方もスキルを活かして活躍しています!

patoに応募するにはどうしたらいいの?

patoに応募するなら公式HPから応募しましょう!(応募できるようになっています)
応募にあたり、電話認証と希望の勤務地の選択が必要です。

そこから手順に従って進んでいくとLINE登録をする形になります。

LINEで写真を送り、まずは写真で審査があります。
写真審査に通れば、実際にpatoの運営スタッフと対面で面接をします。

登録については数分もあれば完了するでしょう。
写真審査についてはだいたい5分くらいで返信がきます。

patoは審査が厳しく、面接まで辿り着けずに写真で落ちる方が多いです。
面接まで辿り着けるほうが凄いので、patoの写真審査に落ちたからといって自信を無くす必要はありません。

実際、パパ活をしてごはんデートだけでめちゃくちゃ稼いでいるような女性でも、patoには通らなかったというケースが多々あります。

patoの面接に通過できなかった場合は、他のパパ活アプリを使って活動するのもありです!

patoの面接を通りやすくするコツ

patoが求めている人材は、容姿が良く、コミュニケーション力が高い女性です。

『容姿』と単純に言っても、可愛いにも美人にも様々な路線があります。
例えば橋本〇奈さんと新〇優子さんはどちらも容姿が美しいですが、全然違うタイプですよね?
A〇Bの子たちも可愛いですが、菜〇緒さんと比較すると全然違うタイプですよね?

このように可愛い&美人にも様々なタイプがあるので、どれが採用されやすいとか、どういう個性が運営に『容姿が良い』と判断されるかとかは、確実な基準がありません。

ということで、容姿に自信がある方はとりあえず応募してみるのが◎

容姿が良いといわれる方でもpatoの面接は普通に落ちることがあるので・・・
視点を変えれば、patoが求める雰囲気に合っていれば、凄い美人でなくても通る可能性は充分にあるでしょう。

また、化粧が上手かったり華やかさがあったり、服装がおしゃれだったりする女性は、仮に容姿が普通寄りだったとしても有利になる可能性だってあります。

他に大切なのはコミュニケーション力が高いことです。

patoはキャバ嬢のように1対1で接客するのではなく、みんなで飲み会を盛り上げるというコンパニオン的なスタイル。イメージとしては合コンに近いです。

ゲストを喜ばせるコミュニケーション力と、他のキャストと仲良くやっていくコミュニケーション力の両方が求められます。
基本的には、ワンマンプレイでできるお仕事ではないので、協調性が大切なのです。

というところからわかるpatoの面接で大切なことは・・・

明るく、ノリ良く、コミュニケーション力高そうに見せることです。

patoはまず写真審査から入るので、面接まで進むためには写真審査の段階でこの『コミュニケーション力高そうな感じ』に見せなければいけないのです。

それってどうやるのか・・・

明るい雰囲気、ノリの良い雰囲気で写っている写真を選択しましょう!!

友達とBBQしているときの満面の笑顔の写真、イベント会場などでハジけている姿の写真・・・
顔がよく見えないと審査できないので、顔が見える写真を選ばないといけませんが、証明写真のような真正面ドアップ写真でなくてもいいのですよ。

明るく、ノリ良く写っている写真を選ぶ、なければpatoに応募するために撮るようにしましょう!!

★☆★☆★☆★☆★☆

■patoの面接を受けるならここを押さえて!■

patoが求めている女性像はだいたいこういう感じです。
※圧倒的に容姿が良いなどの強みがあれば、どこか不得意な部分があっても採用される可能性はありますが、いずれにせよ全部バランス良く備わっているほうが稼ぎやすいです。

  • 礼儀正しい
  • 時間を守れる
  • ノリがいい
  • 人と話せる
  • 話が聞ける
  • 空気が読める
  • お酒が飲める
  • お酒の場が好き

お金持ちの方は様々な人と会ってきているので、可愛くても美人でも最低限の礼儀が無いと嫌がられる可能性があります。
礼儀正しく、きちんと挨拶できて、会話もできればリピートで呼ばれる可能性が出てきます。
そうすれば指名料も手に入り安定した収入化も目指せます。

patoでのお仕事を希望する女性の中には『ギャラ飲みって楽して稼げそうだから』という方がいます。
確かにキャバ嬢と比べると、時間配分的には『楽』さがあります。

とはいえ、自分を磨く努力や個性を活かす努力ができない女性は上手く稼げなくなる可能性もあります。

ギャラ飲み=楽!!という思想ではなく、ギャラ飲みで頑張って稼ぐぞ!!と、前向きな姿勢でいることが大切です。

patoで働くにあたり気を付けたいのが遅刻です。
少しだけの遅刻や、どうしようもない理由による遅刻で事前に連絡を入れている場合は違いますが、ドタキャンや繰り返す遅刻は様々な人に嫌がられます。
ギャラ飲みに呼んでくれたゲストはもちろん、一緒に働く女の子や、運営からも信用を失ってしまいます。

時間を守り、礼儀正しく!

それから他のキャストとは仲良くすることも大切です。

キャバ嬢経験がある方などは、個人プレーが好きな方もけっこう多く・・・気に入らない女の子に対してはツンとして無視したり挨拶しなかったり、ノリも合わせないなど・・・そういうことをしてしまう方もいますが・・・patoで働くなら協調性が大切です!

ゲストは、キャストがみんなで力を合わせて盛り上げてくれることを望んでいます。
あくまでも1対1の接客ではなく、みんなで一緒に楽しむという合コン風のスタイルなので、他のキャストとも仲良くコミュニケーションを取りましょう。

いつも楽しく、ノリ良く接客できるキャストは、自然にお客さんからリピートされやすくなります。
社会的地位がある男性は、周りにたくさん人がいても意外と孤独を感じているもの。
明るく盛り上げて楽しませてあげましょう!

★☆★☆★☆★☆★☆

■話すのが得意でないとpatoでは働けない?■

話すのが不得意という女性は、聞き役に回るようにしましょう。
男性に質問して、男性の話を聞きつつ、自分の意見や話もしていくと自然に会話が盛り上がりやすくなります。

完全に人見知りだと正直patoでは厳しいかもしれませんが・・・

それでも面接に受かった場合は、とにかく物は試しでお仕事をしてみましょう!
人見知りの克服やコミュニケーション力のアップには慣れも大切です。

メリットとデメリット

■patoのメリット■

  • 短時間で高時給
  • 精神的に楽
  • 客層が良くて働きやすい
  • 運営のサポートがしっかりしている
  • 普段は会えないような社会的地位がある男性に会えるから、社会勉強になったり経験値が上がる

■patoのデメリット■

patoのデメリットは、採用基準が厳しくそもそも採用されない女性も多いということと、1回あたりのお仕事時間が短いので超高収入を目指すなら複数の飲み会に参加しないといけないけど、場合によっては1件くらいしか入れない日もあるかもしれないことです。

後は特にデメリットになりそうなポイントはないので・・・むしろ凄くありがたいサービスだといえるでしょう!

patoの登録方法と使い方

patoの他にもギャラ飲みサービスはありますが、他がLINEやFacebookのメッセンジャーを利用して連絡を取り合うのに対し、patoは全てをアプリで完結できるので操作の楽さが際立ちます。

基本的な流れは、patoのアプリ上で、ギャラ飲みを開催したい男性とギャラ飲みに参加したい女性がマッチング=ギャラ飲み成立を行い、キャストはそのギャラ飲みの開催日時に遅刻しないよう現地に行きます。

patoのアプリでマッチングを目指す方法は2通り!

■patoコール(パトコール)■

男性が時間・場所・女性の人数を決めてランダムに呼び出す機能です。
キャストはpatoコールの情報を調べ、行きたい案件にエントリーします。
⇒男性側がキャストを選び、自分が当選したらギャラ飲みに参加できます。

patoコールは2人以上の飲み会を開催するときに使われる機能です。
案件に対してキャストが自分でエントリーしていくのが基本ですが、男性側が指名料を払うことにより、お気に入りのキャストを指名することも可能です。

※patoコールの時給はランクで決まっています(※時給については先ほどの報酬の部分を参考にしてください)

■個pato■

個patoはアプリ内で約束して、特定の男性とキャストが1対1~会う機能です。
メリットはキャスト側が自分で時給を設定できることです。

いわゆる1対1の飲みをするための機能ですが・・・

自分で時給を決められるというのはめちゃくちゃありがたいポイントですが、1対1だからこそ怖い、不安と感じる女性も少なからずいるようです。
1対1で会いたくない方はpatoコールだけでお仕事したほうが気楽です。

patoで面倒な相手はブロックせよ

patoでお仕事する際の安心ポイントの1つともいえるのが、ブロック機能です。

patoのアプリで、苦手な男性や飲みの席に行きたくない男性をブロックすることができます。
自分のアプリ画面でブロックしたお相手が表示されなくなるのはもちろんのこと、お相手のアプリ画面でも自分の情報が表示されなくなります。

苦手な男性ができてもお仕事だから割り切って我慢しなければいけないというわけではないので!!

patoはキャスト想いの良質サービスです。

キャバクラとpatoならどっちがいい?

patoとキャバクラ、どちらにも魅力やメリット、それから働くうえでの相性があります。

patoの場合はキャバクラのように不特定多数のお客さんを相手にしたり、勤務時間終了後にLINEや電話といた営業をかけなくてよかったり、売り上げ競争的なものが不要という、精神的な楽さがあります。

キャバクラの場合はとりあえず勤務時間をこなせば、盛り上げなくても(※本来は盛り上げたほうがいいですが)ノリ気でなくても愛想が悪くてもお給料がもらえます。
むしろキャバクラだと愛想が悪いとか、ツンとしているキャバ嬢が売れるケースもあります。

patoだと愛想が良い子が売れるのが当たり前なので、そこはキャバクラとの大きな違いかもしれません。

patoのほうが楽だという女性、いいやキャバクラのほうが楽だよという女性、どちらもいるのではないでしょうか。

他のキャストと協力してお仕事したりみんなで一緒に盛り上げたり、それから移動が伴ったり、案件に当選しなかった場合お仕事できないこともある=確実な給料制度ではないというところに苦手意識が働くならキャバクラのほうが向いているでしょう。

キャバクラはとりあえず出勤スケジュールをこなすことで、ある程度安定収入がもらえるからです。
1対1の接客なので、他のキャストを気にしなくていいのも人によってはありがたいポイントです。

キャバクラもpatoも、どちらも本業として働いている方はめちゃくちゃ多いというわけではありません。
近年ではこういう飲み系のお仕事は副業や兼業でしている女性が増えています。
patoを選びたいにしてもキャバクラのほうがいいかな?と、思うとしても、最初から本業化しないほうがいいでしょう。

まずは他の収入源も確保したうえで副業・兼業として始め、patoやキャバクラ1本で稼げる!と確信してから1本化するほうが精神的な安定度は高まります。

patoの退会はどうやるの?

patoのサイトもしくはアプリから、退会申請フォームに必要事項を記入して送信することで退会することが可能です!

こういうサービスだと時々心配する女性がいますが、patoは退会させてくれないということはないので安心してください!

★☆★☆★☆★☆★☆

■退会したいけどもしかしたらまたpatoを利用するかもしれない場合は?■

退会したいけどもしかしたらまた利用するからもしれないなら、プロフィール情報をできるだけ消して、写真も削除したまましばらく様子を見るといいでしょう。

patoではゲストから評価をもらえるとそれが表示される仕組みになっています。

せっかく評価も溜まったのに退会して、後でやっぱり再会したいとなったらもったいないです!
迷っているときはまず様子見がおすすめです。

patoQ&A

最後に!patoの気になるQ&Aを確認していきましょう。

patoで1番稼ぐ子はどのくらい稼ぐの?
patoで1番稼いでいるキャストさんは1週間にだいたい50万円、月にすると200万円ペースで稼いでいます(※もちろんその月にどれだけ働くかによっても左右されます)

年収に換算すると2,400万円になります。多数の男性会員がいてたくさんギャラ飲み案件があるpatoだからこそ、時給制でありながらこれほど稼ぐことを可能にしているのです!

お酒が飲めないけど、patoでお仕事することはできるの?
patoはギャラ飲みのサービスなので、キャストは飲み会に参加します。男性としては一緒にお酒を飲んでくれる女性を求めていることが多いです。

飲めないキャストより飲めるキャストのほうが人気になりやすい、ギャラ飲みに呼ばれやすいという事情は確実にあります。

ただ、お酒が飲めるかどうかは必須ではなく、飲めなくても面接をクリアさえすればpatoでお仕事することはできます!
お酒が飲めない分、気配りやコミュニケーション力で盛り上げるなど、他の部分でカバーしたり個性を活かしたりすることで対応していきましょう。

『まとめ』興味があるなら応募だけでも試してみるべし!

今回の記事では、ギャラ飲みのマッチングサービス『pato』についてご紹介しました!

興味がある方は、まずは応募してみるのはいかがでしょうか!