マッチングアプリヤリモク男性を見抜く注意点

マッチングアプリ


マッチングアプリで本気の出会いを求めているにもかかわらず、中には「ヤリモク」で近づいてくる人も多く、それが見抜けずに被害に合ってしまう方も多いでしょう。

マッチングした人が「ヤリモク」なのか「交際を前提」にしているか判断するのは簡単ではありません。

しかし、これだけ幅広く利用されるようになったマッチングアプリの中で、「ヤリモクを見抜く方法」というのも明らかになってきました。

「こういった特徴を持っている人はヤリモクの確率が高い」というノウハウが存在するので、ヤリモク被害に遭わないよう頭に入れてマッチングアプリを利用しましょう。

今回はマッチングアプリでヤリモク男性を見抜く方法やヤリモク男性を遠ざける方法などを解説します。

ヤリモクが少ないマッチングアプリを選ぶことも重要なので、その辺にも触れていきます。

1.マッチングアプリでヤリモク・ワンナイトを見抜く方法

マッチングアプリでヤリモク・ワンナイトを見抜くためには、いくつかの特徴を知っておく必要があります。

ヤリモク男性の多くには共通した特徴があるため、これを知っておくだけでもあからさまなヤリモク男性に引っかかるということも少なくなるでしょう。

ここではまず、ヤリモク・ワンナイト目的で近づいてくる男性を見抜く方法を解説していきます。

以下の項目に当てはまる男性はヤリモクかもしれないので警戒した方がいいでしょう。

  • 1−1.プロフィールが雑・短い
  • 1−2.プロフィールの細かい情報を入力していない
  • 1−3.初対面なのに距離感が近い・メッセージが馴れ馴れしい
  • 1−4.住んでいる場所をすぐに聞いてくる
  • 1−5.すぐ会いたがる・LINEの交換を迫る
  • 1−6.初めて会うのに時間帯を夜にしたがる
  • 1−7.飲み屋などお酒を含むのデートプランを提案する
  • 1−9.宅飲みなど家に呼ぼうとする
  • 1−10.夜以外会おうとしない
  • 1−11.ボディタッチが多い距離感が近い
  • 1−12.めっちゃ狭い個室や暗い店を選ぶ
  • 1−13.マナーがない
  • 1−14.下ネタがやたら多い
  • 1−15.ホテルに流れようとする
  • 1−16.カラオケで家に誘ってくる
  • 1−17.いきなり宅飲みは要注意。事件になるかも

では、1つずつどういった特徴のことを指しているのか、ヤリモクの可能性が高い理由についても解説していきます。

1−1.プロフィールが雑・短い

ヤリモク男性に多い特徴として「プロフィールが雑または短い」というのが挙げられます。

単純な理由として、真剣な交際相手を探している男性であれば、自分の性格や好みに合う相手を探すためにもプロフィール文は細かく書くことが想像できます。

そんな中で2,3行程度のプロフィールしか書いていない人は「真剣に交際相手を探していない」=「ヤリモク」と判断できます。

一時的な遊び相手を求めているだけなので、プロフィール分が適当になってしまうと考えられます。

ヤリモク男性を避けるためにはまず、男性のプロフィール文をチェックしてみましょう。

1−2.プロフィールの細かい情報を入力していない

プロフィール欄には自由記入部分の他に好みや性格、趣味など詳細を記入する項目がありますよね。

こういった部分も交際相手を探す上でより良いマッチングをするために重要な箇所です。

しかし、こういった細かい情報を入力していないとヤリモクの可能性が高いと考えられます。

プロフィール欄から相手の情報が不足していると、人物像が把握できませんよね。

男性側の真剣度も疑えるので、プロフィール欄がスカスカの人には警戒した方がいいでしょう。

1−3.初対面なのに距離感が近い・メッセージが馴れ馴れしい

初対面にもかかわらず会ってからすぐにボディタッチをしたり、馴れ馴れしい振る舞いをしたりする場合は、ヤリモクに警戒した方がいいでしょう。

ヤリモク男性側にしてみれば、相手の女性に気があるかどうかを早めに判断したいはずです。

メッセージで馴れ馴れしい態度を取ってみたり、スキンシップを行って相手の反応を試すなどをしてくる可能性が高いです。

ヤリモク男性は何度も女性と会うつもりはありません。

初対面で距離感が近い振る舞いをしてきた場合は、ヤリモクと考えて警戒してください。

1−4.住んでいる場所をすぐに聞いてくる

マッチングの段階で住んでいる場所を聞いてこようとする人はヤリモクの可能性が高いと考えられます。

マッチングアプリの場合、最初はメッセージのやりとりを通じて親交を深めてから実際に出会うという段階を踏むのが一般的ですが、ヤリモクの場合そのような時間を要すとは考えられません。

住んでいる場所を聞いて、近ければすぐに会おうという提案をしてくるでしょう。

住んでいる場所をすぐに聞いてきた場合には、すぐに答えずはぐらかしてください。

ヤリモクの可能性も高いので、そのままフェードアウトしてしまってもいいでしょう。

1−5.すぐ会いたがる・LINEの交換を迫る

マッチングしてからメッセージを数回交わしただけなのに、すぐに会おうとしたり、LINEの交換を迫ったりしてくる男性もヤリモクの可能性が高いです。

ヤリモク男性に共通する特徴として「真剣に交際相手を探しているわけではない」ということが挙げられます。

真剣に恋人を探しているのであれば、すぐに会おうとせず、メッセージのやりとりを通じて、マッチング相手が自分に合うかどうかを時間をかけて判断するはずです。

そんな中ですぐに会おうとしたり、LINE交換をしたがったりする人はヤリモクの可能性が高いので警戒した方がいいでしょう。

ヤリモクを避けるためにはマッチングしてからすぐに会うのではなく、一定期間メッセージのやり取りを行って互いのことを知り合ってください。

1−6.初めて会うのに時間帯を夜にしたがる

ヤリモク男性にとってホテルに行くのがゴールのようなものなので、必然的にデート時間を夜に設定しがちです。

終電がなくなる時間帯までデートを続けて、ホテルに向かわせようとするのがヤリモク男性のプランなので、夜にデートをしようとする人には警戒してください。

特に、初めて会うにもかかわらずデート時間を昼間ではなく、夜に設定するのはたいていヤリモクです。

デート時間を夜に設定しようとする男性は避けた方がいいですし、マッチングアプリで初めて会う場合は昼間の時間帯に会うのがおすすめです。

1−7.飲み屋などお酒を含むのデートプランを提案する

デートのときにお酒を飲ませようとする男性にも注意が必要です。

お酒で酔わせてから判断力を鈍らせて、ホテルに誘うというやり口をしてくるヤリモク男性は多いです。

マッチングアプリで会う人とのデートでは、なるべくお酒を飲まないようにした方がいいでしょう。

無理にお酒を飲ませようとしたきて場合には、ヤリモクを疑ってその男性は避けた方がいいでしょう。

また、デート中にそれとなくお酒を勧めてきた場合にも、警戒心を持ってください。

しつこくお酒を勧めてくる場合には、その場を立ち去った方がいいでしょう。

1−9.宅飲みなど家に呼ぼうとする

デートなどで宅飲みを提案する人もヤリモクの可能性が高いです。

自分の家、相手の家を問わず初対面にもかかわらず、2人きりになってしまう場所でデートをすること自体警戒した方がいいですし、お酒を飲ませようとするのもヤリモク度が高いです。

マッチングアプリで知り合った相手に家を知られると後々面倒ごとに発展する可能性もありますし、相手の家に入ってしまうと逃げ場がなくなってしまいます。

デートで宅飲みを提案してきた場合は、ヤリモクだと判断してその男性とのメッセージは遮断した方がいいいでしょう。

1−10.夜以外会おうとしない

デート時間を夜に設定しようとする男性の多くはヤリモクである可能性が高いですが、頑なに夜以外に会おうとしない場合は、ほぼ確実にヤリモクと考えていいでしょう。

「仕事が忙しいから」「昼間は時間が取れないから」など、いろいろ理由をつけて夜に会おうとしてくるかもしれませんが、理由の真偽にかかわらずヤリモクにひっかかる可能性の方が高いので注意してください。

マッチングアプリで実際に相手と会う場合は、昼間がおすすめです。

ヤリモク被害に遭わないためにも、デートは夜を避けて昼間に行った方がいいでしょう。

1−11.ボディタッチが多い距離感が近い

初対面にもかかわらずボディタッチが多く、距離感が近いと感じた場合はヤリモクの可能性が高いです。

ヤリモク男性としては、すぐにでも相手に気があるかを判断しようしてきます。

そのためにボディタッチやスキンシップを繰り返しながら、相手の反応を確かめようとします。

初対面とは思えない距離感で接してきた人は、ヤリモクと考えていいでしょう。

不快感を伴うような場合は、すぐにでもその場を後にした方がいいです。

1−12.めっちゃ狭い個室や暗い店を選ぶ

ヤリモク男性を見抜くポイントとして「2人きりになろうとする」というのが挙げられます。

物理的な距離が近かったり、薄暗かったりする個室のお店をデートに提案してきた場合はヤリモクと考えていいでしょう。

人目があるとボディタッチなどを積極的に行えなくなってしまうため、こういった個室を選ぶと考えられます。

「個室」「密室」「2人きり」「周囲に人がいない」など、ヤリモク男性にとって都合の良い場所に案内された場合は警戒しましょう。

1−13.マナーがない

真剣な交際相手をマッチングアプリで探す場合は、相手の気分を損ねないように最低限のマナーを守ったやり取りを心がけるはずです。

それすらなく、メッセージのやりとりの段階からタメ口や真剣度に欠ける言葉遣いをしてきた場合はヤリモクと判断した方がいいでしょう。

メッセージの返信が一言だけだったり、会話がチャラかったりなどマナーに欠ける言動を相手に取られた場合はヤリモクを警戒した方がいいでしょう。

1−14.下ネタがやたら多い

メッセージ内容に下ネタを入れてくるようなデリカシーに欠ける男性もヤリモクの可能性が高いです。

そういった話題を相手にぶつけることで、ヤレるかどうかを判断しています。

変に下ネタに乗ってしまうと相手を調子づかせてしまうだけなので注意してください。

初対面に近い状態で性的な話題を相手に投げかけるような配慮に欠ける男性の場合はヤリモクを警戒した方がいいでしょう。

1−15.ホテルに流れようとする

ヤリモク男性の最終的な目的は女性をホテルに連れ込むことにあります。

メッセージのやり取りやデート時間、デート場所など、最終的なゴールのために行っているといっていいでしょう。

なので、ホテルに誘われた場合はきっぱりと断らなければなりません。

初めてのデートなのにホテルに誘おうとするような男性はほぼ間違いなくヤリモクと言ってもいいでしょう。

1−16.カラオケで家に誘ってくる

2人きりになろうとする男性の多くはヤリモクの可能性が高いと解説しましたが、そういった観点から「カラオケ」に誘う人も要注意です。

カラオケだと「密室」「2人きり」「個室で人目がない」とヤリモク男性にとって都合のいい環境が全て揃っています。

ボディタッチなどを繰り返す中で相手をその気にさせようとしてくるので、カラオケに誘われた場合はヤリモクを警戒して断った方がいいでしょう。

1−17.いきなり宅飲みは要注意。事件になるかも

初めてのデートでいきなり宅飲みをするのは絶対にやめた方がいいでしょう。

ヤリモク被害に遭うだけでなく、お酒を飲まされて同意もない性被害に遭ってしまう可能性も考えられます。

人目がなく、密室で、2人きりだと何があっても誰も助けてくれません。

初めてのデートなどで宅飲みを提案されたら、ほぼ間違いなくヤリモクだと判断してもいいでしょう。

きっぱりと断って、その男性からはフェードアウトすることをおすすめします。

2.マッチングアプリでヤリモクを遠ざける方法はある?

ヤリモク男性の特徴を紹介して、そういった男性に引っかからない方法を見ていきましたが、逆に自分からヤリモク男性を遠ざけるためのポイントも存在します。

ヤリモク男性の目に止まらないような方法を行っておけば、ヤリモク被害に遭うリスクも低くすることができます。

例えば、以下の方法が挙げられるでしょう。

  • 2−1.プロフィール写真を控えめにする
  • 2−2.プロフィールを細かく記入し真剣度の高さをアピールする
  • 2−3.周囲の同情を誘うようなコメントをしない
  • 2−4.「結婚」など目的を明確に記載する
  • 2−5.実際に会うのは昼間の時間帯やランチデートからする
  • 2−6.マッチングから会うまでに時間をかける
  • 2−7.デート中のお酒は断る

では、マッチングアプリでヤリモクを遠ざける方法にはどんなものがあるのか1つずつ詳しく見ていきましょう。

2−1.プロフィール写真を控えめにする

プロフィール写真を変にかわいさをアピールしたり、露出の多い写真を使ったりするのは控えた方がいいでしょう。

そういった写真は相手に「軽そう」というイメージを与えてしまい、ヤリモク男性のターゲットになってしまいます。

プロフィール写真に拘った方がマッチングの確率を上げられるかもしれませんが、その分ヤリモクを引き寄せる可能性も高くなるので、控えな写真をチョイスしてください。

2−2.プロフィールを細かく記入し真剣度の高さをアピールする

マッチングアプリを利用する目的が相手に分かるようプロフィールを細かく記入して真剣度をアピールしましょう。

真剣に交際相手を探すためにマッチングアプリを利用していることが相手から一目でわかるようなプロフィールであれば、ヤリモク男性としても警戒心が高そうと判断して近寄ってこないと考えられます。

2−3.周囲の同情を誘うようなコメントをしない

「寂しい」「甘えたい」など、周囲の同情を誘うようなコメントばかりしているとヤリモク男性のターゲットになってしまいます。

ヤリモク男性からしてみれば、こういった女性ほど成功率が高いので、ヤリモク被害に遭ってしまう可能性も高いでしょう。

2−4.「結婚」など目的を明確に記載する

マッチングアプリを利用する目的を明確にしておけば、ヤリモク男性を遠ざけることができます。

プロフィール文などに「結婚」というキーワードを入れておくだけでも、真剣度が伝わるのでヤリモク男性も気軽に近寄れなくなるでしょう。

2−5.実際に会うのは昼間の時間帯やランチデートからする

マッチング相手と実際に会う場合は、必ず昼間の時間帯にしてください。

夜だと終電がなくなってホテルに誘われる可能性もありますし、お酒を飲まされる場合もあります。

暗くて周囲の目が届きにくくなることも考えると、ヤリモクを回避するためには昼間のデートがおすすめです。

2−6.マッチングから会うまでに時間をかける

マッチングしてから実際に会うまでにメッセージのやり取りを一定期間行うというのも重要です。

ヤリモク男性はマッチングしてからすぐにでも会おうと提案してくるものです。

会うまでに時間をかければ、ヤリモク男性も諦めて次のターゲットを狙いに向かうはずです。

最低でも2週間ぐらいはメッセージのみで互いのことを知り合う必要があるでしょう。

2−7.デート中のお酒は断る

デート中のお酒は必ず断るようにしてください。

ヤリモク男性の狙いは相手にお酒を飲ませることにあります。

お酒を勧められた場合は、適当な理由をつけて断るのが無難です。

無理に飲ませようとしてきた場合は、すぐにでもその場を立ち去った方がいいでしょう。

お酒を飲んで酔ってしまうと判断力も鈍ってしまい、ヤリモク男性のおもうままに冴えてしまう可能性も考えられます。

マッチングアプリで出会う男性とはお酒を含まないデートをしましょう。

3.ヤリモクの少ないマッチングアプリは?

マッチングアプリの特色によって「ヤリモクが多い」「ヤリモクが少ない」などの傾向が見られます。

アプリの規約の厳しさや料金設定、アプリ全体の雰囲気なども関係してくるので、ヤリモクを避けるためにもマッチングアプリ選びは重要です。

ちなみにヤリモクの少ないマッチングアプリとしては以下のサービスが挙げられます。

  • omiai
  • youbiride
  • pairs

サービス運営がしっかりしていたり、婚活向けのアプリだったりすることがヤリモクの少なさを判断するポイントです。

その他、プロフィール項目の豊富さや本人確認、収入証明など、利用者の真剣度が測れたり、ユーザーに対して安全性を保証できる体制を整えているマッチングアプリがおすすめです。

4.本人確認なしの無料アプリはヤリモク被害に遭うリスクが高い

マッチングアプリを選ぶ際は「本人確認の有無」「料金設定」の2つに注目してください。

本人確認がないとアプリとしての安全性に問題があると考えていいでしょう。

利用者の行動をチェックして問題行動に対するペナルティが存在しない場合、ヤリモク男性にとっては好き放題できてしまいます。

また、真剣に交際相手を探す場合は、それに見合ったコストを捻出しようと考えますが、ヤリモクの場合、できるだけお金をかけずに何人もの女性と出会いたいと考えるため無料で使えるマッチングアプリに集中する傾向もあります。

ヤリモク被害に遭わないためには「本人確認がある」「有料会員じゃないと出会えない」といった2点をチェックしてマッチングアプリを選んでみてください。

5.ヤリモク男性に当たりたくない場合は結婚相談所を利用しよう

マッチングアプリでヤリモク男性に当たりたくない場合には、そもそもマッチングアプリを使う必要はないかもしれません。

結婚相手を探すのであれば、マッチングアプリよりも結婚相談所といった婚活向けのサービスが適しています。

マッチングアプリほどフランクではなく、利用者の真剣度も高いのでヤリモク被害に遭うリスクも抑えられるでしょう。

マッチングアプリは確かに便利ですし、出会える確率も高いですが、その分悪質な男性に出会ってしまうリスクが存在します。

自分の目的に合致したサービスを利用して、納得のいく出会いを実現してみてください。