マッチングアプリの既婚者の特徴と見た目と見抜き方

マッチングアプリ 恋愛


出会いのスタンダードな方法となったマッチングアプリ!効率が良くて素敵な異性に出会えると評判ですが、時々『いいなと思った相手が既婚者だった』『独身のフリをしている既婚者に騙された』という口コミが出てくることもあります。

婚活パーティーでもたまに既婚者が紛れ込んでいることがある・・・という話は聞きます。

どんな出会いの手段でもたまに紛れ込むことがある既婚者を避けて健全に婚活するにはどうしたらいいのか!?今回の記事では既婚者の特徴や見抜き方をご紹介します。

マッチングアプリの既婚者の特徴

既婚者なのにマッチングアプリを利用する層は、とにかく奥さんにも周囲の人間にもバレずに遊びたいと考えています。

不倫をする層の多くは日常生活の中で出会った相手と不倫関係になります。
つまり既婚者ということを相手も知ったうえで『不倫』という関係を結ぶのですね。

マッチングアプリはほとんどが独身者が恋活・婚活のために利用するというコンセプトです。あえてそのようなサービスを利用して相手を探したい既婚者の心理には・・・『引っかけた異性に不倫関係と認識させたくない』というものが潜んでいることが多いです。

つまり『同意の不倫だよね!』という恋愛ではなく、『独身同士の自由恋愛だよね!』という認識にさせたいのです。

なぜか?

不倫という関係ではなく、独身として付き合って、飽きたら独身同士の何の責任もない破局という形で終わらせたいからです。それなら相手が本気で恋していたとしても『奥さんにバラす』とすがられるリスクがありません。

つまり、凄くズルいやり方なわけですが・・・

独身証明書の提出が必須ではないマッチングアプリでは、たまにそういう既婚者が紛れ込む現実があります。

マッチングアプリおすすめランキング。出会い系アプリ出会い系サイト

絶対ではないけど身バレ防止機能を使いやすい

絶対ではないものの既婚者はマッチングアプリの身バレ防止機能を使いがちです。

マッチングアプリの多くは、プライベートの友達や知人をアプリ上で表示したくない方に向けた身バレ防止機能を提供しています。
Facebook経由で登録すると、Facebook上でお友達登録している相手が同じマッチングアプリを利用していても互いに表示されなくなるのです。

既婚者が日常生活の中で相手を探さないのは、結婚していることを知っている周囲の人間にバレたくないからというのが大きいので、身バレ防止機能はありがたいものです。

身バレ防止機能はどのマッチングアプリにある?

■身バレ防止機能がある人気&有名マッチングアプリをピックアップ■

  • Omiai(無料で設定できる)
  • Match.com(無料で設定できる)
  • with(有料オプション)
  • ペアーズ(有料オプション)
  • ゼクシィ縁結び(有料オプション)
  • 東カレデート(有料オプション)
  • ユーブライド(有料オプション)
  • ゼクシィ恋結び(有料オプション)
  • タップル誕生(有料オプション)

人気&有名マッチングアプリはだいたい身バレ防止機能があるのですね。

この中で、既婚者排除目的で注意したいのは無料で身バレ防止機能を設定できるマッチングアプリです。
既婚者のお財布事情は個人差がありますが、お小遣い制だったり、そうではなくても下手に遣いすぎると奥さんに怪しまれるから気を付けていたりする場合も多いでしょう。

つまり、既婚者からすれば身バレ防止機能を無料で使えるマッチングアプリがありがたいのです!

どれも魅力的なマッチングアプリではあるのですが、既婚者の発生リスクを少しでも抑えたい(既婚者にアプローチされても見抜く自信がない)という方は身バレ防止機能が有料のマッチングアプリにしておいたほうが安心できるのではないでしょうか。

プロフィールでは結婚意識が一切見えない

恋活・婚活向けマッチングアプリを利用して色々なプロフィールを閲覧してみると気付きますが『いい人がいれば早めに結婚したい』とか『将来を考えられる相手を探している』とか『婚活のために~』とか・・・結婚意識を匂わせる文章を記載している会員は多いです。

とはいえ全員ではなく、真剣そうなプロフィールを作っていても結婚観には触れていない独身会員もいるので、これだけでは独身・既婚者を決めることはできません。

とはいえ、一切結婚意識が見えない会員に関わる際は多少なりとも警戒心は持っておいたほうがいいでしょう。

もしマッチングしてメッセージのやり取りをするようになったら、メッセージの中で真剣そうか判断したり、実際にデートして誘われたとしてもすぐに身体の関係は持たないようにしたり。
信用できる相手かどうかの見極め作業はしたほうがいいでしょう。

メッセージで下ネタばかり

既婚者はもう奥さんという立場がいるので、マッチングアプリでマッチングしたプライベートでの繋がりがまったくない相手に引かれても意にも介さないです。

それよりも効率良く遊べるほうを重視したいので、メッセージでいきなり下ネタを送ってくることもありますし、まだ会ってもいないのに下ネタばかり書いてくることもあります。

本気で口説きたい、恋人にしたいという気持ちがあるとき、男性は女性に生々しい下ネタはぶつけません。
むしろ性的な感じを匂わせないようにして信用してもらおうとするでしょう。

既婚者が下ネタばかり送ってくるときには、そこにのっかってくる女性ならすぐにやれるから、判断のため・・・というときが多いでしょう。

仮に既婚者でなかったとしても会う前から下ネタばかりの相手と真剣交際できる可能性は低いので、途中でメッセージの返信を辞めてもいいでしょう。

すぐに会いたがる(ヤリモク感が凄い)

マッチングアプリを利用する真剣な独身者でもすぐに会いたがる層はいますが、ほとんど何も知らない(仕事とか趣味とかについてメッセージで話していない)にも関わらず、すぐに会いたがる相手は既婚者かもしれません。

先にも触れた通り、既婚者はプライベートで繋がりのない遊び相手候補の女性に引かれても気にせず、それより早く遊びたいのでどんどん誘いをかけて数打ってどれかに当たればいい戦法をすることが多いのです。

実際にデートしてからわかるポイント

ここまでご紹介した内容は、マッチングアプリ内でわかる既婚者の特徴でした。

マッチングアプリでメッセージのやり取りをしている段階では独身者だろうと感じたとしても、デートでも念のため『既婚者かどうかのチェック』をすると安心でしょう。

LINEがタブレット、家には絶対呼ばない、土日休みのはずなのに土日に遊んでくれないという条件が出てきたら要注意です。

何故かスマホではなくタブレットでLINEを使おうとする

世の中のほとんどの方がLINEはスマホでしています。それが一番便利だし、LINEって気軽にいつでも連絡を取るためのサービスだからです。

しかし既婚者の視点で見るとそれが都合の悪い場合もあります。

奥さんにスマホを見られて喧嘩するリスクがあるなど・・・

そこでタブレットでLINEする遊び人既婚者というのが存在します。

スマホとタブレットのLINE、一般的には同一アカウントでインストールしますが、やり方次第ではスマホとタブレットで別アカウントを作ることもできます。
スマホは奥さんやプライベートの連絡用、タブレットは浮気用という感じで使い分けている層も・・・いるのですよ。

さらに策士は、スマホのロックをあえてかけないで(もしくはロックをあえて奥さんにバレるように仕向け)風呂のときなどにあえてチェックさせるようにして奥さんに信用させるケースもあります。

スマホを持っているのにタブレットでLINEをしているようなら、怪しいと意識しましょう。

それを見抜くためには、マッチングアプリのメッセージのやり取り中にLINEの交換をするのではなく初デートの日にLINEを交換することです。
タブレットを出してきたら、『この人怪しいかも・・・』と、警戒してくださいね。

家に誘ってくれない

何度かデートをしているのに家に誘ってくれない相手も要注意です。

マッチングアプリで出会ってデートして、そこから仮に交際が始まったとして。すぐにホテルに誘われても、恋活や婚活をしているのなら安易についていかないようにしましょう。
『初エッチはお家がいいな』と言ってみて、『家は無理なんだよね』と言われたら理由を探りましょう。

既婚者・浮気男が挙げやすい理由は、家の壁が薄い、話し声だけで隣人が壁ドンしてくる、隣人が変わっているから来させたくない、実家暮らしetc

それぞれの理由ごとの対処は・・・

『部屋にいる間は小声で話すから、家の中を見てみたいな(恋人の生活を知りたいのは当たり前でしょ的な)』と言うとか。実家暮らしだというなら、『外からお家を見るだけでもいい。周辺を案内してよ』的なことを言って普通なら相手が断れない範囲まで妥協して、家に行きたい、家を見たいアピールをすることです。

それでも断られたら怪しいでしょう。

特に実家を外から眺めるだけでもダメというのは・・・もし真剣な恋活で出会った相手ならいずれ親には紹介するのだから、ちょっと怪しいですね。

同じような理由で、夜に電話ができないという相手も怪しいです。
電話はできないといわれているとか、電話するにしてもいつも外からかけてくるとかも怪しいです。

平日に会いたがる。土日は会えないという

マッチングアプリのプロフィールでは、仕事の休日を選択できるようになっています。そこで土日休みとなっているのに、会えるのはいつも平日の仕事終わりだけという相手には要注意です。

土日に何をしているのか・・・

それっぽいことを言ってくるでしょう。

『趣味の〇〇で忙しい』
『土日は勉強していて』
『土日は実家の手伝いで泊まりに行くんだ』etc・・・

これが本当というケースもあるでしょう。そのため、これだけで『あんた既婚者でしょ!?』とキレることはしないようにしましょう。本当に独身者という可能性もまだあります。

ただ、土日休みなのに会ってくれない+家に行かせてくれないのダブルパンチならよくよく考えたほうがいいです。

そのうえホテルには誘ってくるようなら、ホテルにはついていかないことです。
理由を聞かれたら、そういう対応をされると不安だからと話せばいいでしょう。
もしそれで話し合いもせずに怒ったり突然離れていったりするような相手は既婚者かどうかを別にして、おそらく真剣な恋愛とは思っていないです。

既婚者を見抜くコツ

既婚者を見抜くコツは、ここまでご紹介した既婚者の特徴を満たしていないか相手をチェックすることです。

チェック期間には誘われたとしてもホテルにはいかないほうがいいです。

あとは勘というのも大切にしてください。
恋活をしている女性に多いですが『この人のことは別に何も疑わなかったのに、こっちの人は本当に独身かな?遊ばれてないかなって気になるんだよね~』みたいな、ふと思う気持ち。これ、女性はけっこう当たることが多いです。

実際に既婚者でなければそれはそれで万々歳なので、疑っている期間中に疑っている雰囲気にはしないで接してあげましょう。疑われていると相手が受け取れば既婚者でなくても身構えてしまいます。

あくまでも楽しい時間を共有しつつ、チェックしていくのがいいでしょう。
その期間中はホテルに行かないで相手の真剣度を測るのも良いでしょう。

単身赴任の既婚者にも注意

単身赴任だから家に呼べるという既婚者もいるので注意しましょう。

単身赴任かどうかを探るには、仕事の話を掘り下げて聞いてみるのがおすすめです。
『以前は東京勤務だったけど1年前にこっちに配属になって、知り合いがいなくて~』など、別の場所から来ている相手は既婚者かどうかのチェックをしっかり行うほうが安心です。

また、家に行ったときに生活感が無さすぎる部屋だったり、マンスリーマンションだったりする場合も要注意。マンスリーマンションは一般的に家賃がとても高いです。長期出張や単身赴任で利用している可能性があります。

既婚者に騙された例ってけっこあるの?

全体で見れば少ないです。
マッチングアプリにはかなりの人が登録していて、だいたいは真剣に恋活・婚活をしているからです。それは利用者の口コミを確認すれば明らかです。

ただ、たまにでもトラブルが起こると目立ってしまうので心配性の方も出てくるのは仕方ないといえます。

既婚者が紛れ込むことは少ないものの、どうしても心配なら独身証明の提出が必要なマッチングアプリを利用するといいでしょう。

独身証明があるマッチングアプリを利用する

マッチングアプリだと独身証明が必須というところは少ないですが、以下の2つは必須なので、既婚者への不安感が強い方は以下のいずれかの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

  • ペアーズエンゲージ
  • エン婚活エージェント