Dineの評判と口コミ。やれた?ってマジ?サクラの噂はほんと?

マッチングアプリ


20代~30代の間で、出会いの方法としてすっかり定着したものといえばマッチングアプリです。

人気のマッチングアプリはたくさんありますが、その中で『即デートしたい』『メッセージを重ねるより直接会って判断したい』という方からの人気が圧倒的に高いのが『Dine』(ダイン)です。

日本だけでなく海外でも大人気のDineについて、今回の記事では特徴や料金、会員種別など気になることを徹底解説していきます!

マッチングアプリおすすめランキング。安全な出会い系アプリ

マッチングアプリおすすめランキング。安全な出会い系アプリ

デーティングアプリDineとは?

Dineは『デートから始める恋活』をコンセプトにした、1回目のデートのセッティングに特化しているマッチングアプリです。

米国やカナダ、日本で展開中。その特徴は肉食系向きなので元々海外での人気&定着の勢いがありましたが、海外発のファーストデートの機会を提供するサービスとして、日本でも着々と知名度を上昇させてきました。

『Omiai』や『ペアーズ』などの有名どころのマッチングアプリも人気ですが、そちらはマッチング⇒メッセージのやり取り⇒デートの約束という流れになるのに対し、Dineは時間のかかるやり取り無しでデートできるというスムーズさが魅力です。

『即デートって、そのアプリ大丈夫?』と心配になる方もいるかもしれませんが、DineはApp Storeの『Best new app』にも選出されているので安心して利用できます。

そんなDineの操作性はとてもシンプル!

Dineのアプリを起動し、気になる異性会員が(1日10人ランダムに表示されるので、その中から注目できる)行きたいお店として設定している中から、一緒に行きたいところをスワイプしてリクエストしましょう。(これが他のマッチングアプリでいうところの“いいね”に該当します)

相手が承認してくれたらマッチング成立。

マッチング後はメッセージで日程だけ決定して(最短2通で完了)、デートに臨めばOK!

ちなみにDine上でデート先に決まったお店にどうやって予約するのかというと、Dineが予約代行してくれます。自分で電話して予約する必要がないのでとても楽です。

ちなみに現在Dineを利用できるのは『東京』『大阪』『名古屋』『福岡』です。現時点ではそのエリアでデートに行ける方向けのマッチングアプリとなります。
今後はもっと利用可能エリアが拡大していくかもしれません。

Dineの使い方

Dineの利用で難しいことは1つもありません。

まずDineに会員登録して自分のプロフィールを設定しましょう(写真などは特に大切です)
その後、自分のプロフィールページから、自分の行きたいお店を登録しましょう。
現在の利用エリアは『東京』『大阪』『名古屋』『福岡』なので、該当エリアのお店を登録することができます。

Dineで登録できるお店はカフェ、イタリアン、焼肉などなど一通りのジャンルが揃っていて、デートにぴったりの高級店&人気店のみ掲載されています。ちなみに食べログの点数もチェックできます!

お店の登録が終わったらさっそく、ランダムに表示される異性会員のプロフィールをチェック!
写真やプロフィールを見て気になる相手を選ぶ、この辺りの操作性は普通のマッチングアプリに近いです。

しかし普通のマッチングアプリと大きく違うのは『いいね』の部分。
Dineの『いいね』は、相手が登録している『行きたいお店』をスワイプするというやり方です。

そして相手が承諾してくれたらマッチング成立です。
マッチングしたらDine上から相手とデート日程の調整ができるようになります。
まずは『ランチ』か『ディナー』を選択⇒日程調整⇒日程決定。

たったこれだけ。最短2通でデート日時と場所が決定し、後は当日を待つだけです。

スムーズ!とにかく早いのです。

口コミ満足度は高い!

Dineの口コミ満足度は高いです。

  • すぐに会えるのが他のマッチングアプリと違っていい
  • 美女・美男子が多い
  • ハイスペック女性・男性が多い

この3つについては男女どちらも満足度が高いですが・・・その代わりDineは、Omiaiやペアーズなどの、現在人気の他のマッチングアプリと比べて『真剣に恋活していない層』が多いという感想を抱く方もいるようです。

じっくりメッセージを重ねてから会いたい層が中心のOmiaiやペアーズと違い、まずは会うところから!というコンセプトなので、デートを楽しみたいだけの男女が利用していても不自然ではありません。

Dineは現在人気のマッチングアプリの中でも恋活と、カジュアルなデート向きだと認識しておきましょう。

婚活を希望する方は、婚活特化をコンセプトにしているマッチングアプリのほうが使いやすいと感じる可能性が高いです。

出会ってすぐ簡単に『やれた』って噂はマジか?

出会ってすぐにヤれるかどうかは個人差がありますが、実際のところDineきっかけの初デートでセックスできたという男性会員もいるようです。

Dineの特徴上、いわゆるヤリモクの男性も使いやすいマッチングアプリではあります。
女性でヤリモクの男性に関わりたくない方は、デート中に飲みすぎないように気を付けたり、あとはランチタイムのデートを希望するなどの対策を取りましょう。

Dineはマッチングしてからデート日程を決める際に、ディナーかランチかで選択できます。このとき、相手がヤリモクの男性だったらどうしようと心配な女性はランチを希望すると良いでしょう。

反対に高級店でのメシモク女性だったら嫌だなと感じる男性も、まずはランチでと提案してみるのもありです。

Dineにサクラや業者がいるという噂は本当か?

Dineにサクラはいませんが、業者はたまに混じっていることがあります。
とはいえDine側もアプリを監視して、業者を排除しているので安心して利用できる環境です。

ちなみにサクラとは何かというと、運営会社が雇って会員のフリをさせる(盛り上がっている、人気があるように見せる)ための人材のこと。
しかしDineは人気のマッチングアプリで海外でも知名度が高いものなので、わざわざサクラを雇う必要なんて無いどころか、サクラを雇うコストが無駄すぎるので、サクラはいません。

Dineを利用すると美男美女が多いという感想を抱く方が多いです。そのため『こんなに美男美女ばかりなんておかしくない?サクラでは?』という発想に繋がりやすいと考えられます。

しかし美男美女、全員本物の会員なのです。
Dineはそういうマッチングアプリ。美男美女が多いという口コミは伊達じゃありません。

ちなみに業者というのは、運営側とは一切関係ない立場です。
お店やサイトなどに行かせたり登録させたりするために、マッチングアプリや出会い系サイトなどで会員のフリをして出会い、やり取りをして営業をかけてきます。

多いのが『ここのURLから連絡先を登録して』『普段はこのサイトで活動しているからこっちに連絡して』『個人で行きたいお店があるから、そっちに行こう』などと言ってくるケース。

いきなりURLを送ってこられた場合や、Dineに掲載されているお店以外にいきなり誘われた場合は注意したほうがいいでしょう。

ちなみに合コンや街コンや婚活パーティーやBarで出会っても、商品の勧誘をしたり何かに登録させようとしたりという層はいます。ネット経由の出会いだから多そうなイメージがあり心配している方もいるかもしれませんが、けっきょくのところそういう層は対面から入る出会い方でも一定数います。

出会いを求めるときには上手くかわすのがベスト。あまり気にしないようにしましょう。

Dineの料金システムについて

実はDineの場合は男性でも無料で利用してデートまで持っていけるチャンスがあります。

一般的なマッチングアプリといえば男性会員が月額料金を支払い、女性会員は完全無料というものが多いですが、Dineはマッチングした男性会員か女性会員のどちらかがDine Goldという有料プランに加入していれば、無料会員のままでもメッセージのやり取りまでできます。

マッチングしたとき、相手の女性会員がDine Goldなら、男性会員が無料会員のままでもメッセージできてデートできちゃうわけです。

※ただし、どちらもDine Goldではない場合はもちろんメッセージのやり取りができません。

■Dineの月額利用料金!■

プラン  Dine Gold月額料金 一括料金
1ヵ月 6,500円
3ヵ月 4,800円 14,400円
6ヵ月 3,800円 22,800円
12ヵ月 2,900円 34,800円

Omiai、ペアーズ、タップルなど他の多くのマッチングアプリは、1ヵ月あたり3,400円~4,000円ほどで利用できます。
比較すると・・・正直Dineは月額料金が高いマッチングアプリに該当します。
しかしそれでも人気!やはり月額料金を支払っても利用したい&利用を継続したい魅力があるということです!

ちなみに上記の表でご紹介した金額が、Dineを有料会員として利用するのに必要な月額利用料金です。

それ以外にも月額料金とは別に付けられる『オプション』もあります。

その名も『Dine Platinum』です!

Dine Platinumはオプションなので不要なら付ける必要は一切ありません。

また、dine Goldに登録している会員のみが付けられるオプションなので、付けると両方の月額の合計金額がかかってきます。

このオプションを付けるとできるようになることは、プライバシー管理(知り合いが使っている可能性などがあり、身バレしないように非表示などの対策をすること)や、人気会員へのアプローチです。

Dineには『Top Picks』というDine上で人気の会員を表示できるサービスがあります。Dine Platinumになれば、このTop Picksを確認してリクエストを送信できるようになります=人気の会員にアプローチしたい方必見です。

Dine Platinumは絶対に必要なオプションというわけではないものの・・・必要性を感じる方にとっては、かなりありがたいオプションというイメージです。もちろん、不要なら付ける必要はありません。

■Dineのオプション『Dine Platinum』の料金■

プラン Dine Platinum月額料金
1ヶ月 6,500円
3ヶ月 4,800円
6ヶ月 3,800円
12ヶ月 2,900円

Dine Goldの月額料金とまったく一緒です。

無料会員と有料会員がある!その違いは?

男性会員か女性会員、どちらかが有料会員ことDine Goldになっていればメッセージのやり取りができます。

それ以外にも無料会員とDine Goldだと『できること』『できないこと』があります。下記では違いを比較していきましょう。

■無料会員と有料会員(Dine Gold)の比較■

項目 無料会員の場合 有料会員(Dine Gold)の場合
デートリクエスト
マッチング
メッセージの送信 ×
レストランの予約代行 ×
コインの無料付与 × 毎月30枚

自分が無料会員のままで相手も無料会員のままだと、マッチングしてもメッセージのやり取りができないのでデートすることができませんが、どちらかがDine Goldならばメッセージのやり取りが可能になります。

とはいえ無料会員のままだとレストランの予約代行も使えず、デートリクエストを送るために必要なコインの付与もありません。

Dineのプロフィール欄にゴールドのエンブレムが表示されている会員はDine Goldです。
どうしても無料のまま利用したいということであれば、これが表示されている会員を狙いましょう。

25歳以下は割引だからどんどん登録がおすすめ

Dineには25歳以下が割引になる『U25割』という制度があります。
25歳以下の方は気軽にDineを始められます!

■『U25割』でこんなに安くなる!■

  • 1ヵ月6,500円⇒3,900円
  • 3ヵ月4,800円⇒3,300円
  • 6ヵ月3,800⇒2,900円
  • 12ヵ月2,900円⇒2,400円

U25割の支払いはクレジットカード決済のみ対応しています。他の決済方法では対応していないので注意しましょう!

友達招待でゴールドメンバーになれる

条件が合えばDineをお得に利用できる方法に、『友達紹介』という機能があります。
紹介された側はDineが発行する8桁のコード(紹介者によってこれは変わります)を入力することで、1週間無料でDine Gold(有料会員)になることができます。

紹介された側は、Dineに登録後にアプリの設定画面からコード入力が可能です。
既に登録してから招待コードを教えてもらったとしても使用できるので安心です。

既にDineを使用している友達や同僚がいるなら、招待コードを教えてもらいましょう!

デート保障

Dineに6ヶ月以上のプランで登録した場合は、『保証制度』が適用されます。

この保証制度では、万が一登録期間中にデートが1回も実現しなかった場合、無償で有料プランの延長をしてくれるのです。

■無償延長できる期間■

保証適用プラン 無償延長期間
6ヵ月プラン 3ヶ月
12ヵ月プラン 6ヶ月

■保証の適用条件■

  • Dine Goldの6ヶ月以上のプランに登録した
  • Dine Goldの期間中に1回もデートできなかった
  • 保証適用について申請した時点でDine Goldの登録期間が終了している

ダインのコイン

Dineにはコインという、月額料金やオプション以外での課金制度があります。これは不要な方は購入する必要はありません。

コインを使ってできるようになることは、Dineで1日あたりに紹介してもらえる異性会員を増やしたり(Dineは1日10人をランダムで紹介するシステムなので、少ないと感じる方はコインを使用して表示する異性会員を増やしています)、スペシャルリクエストという通常よりマッチング率が高まるリクエストを送信したりです。

毎日ランダムで表示される人数についてはコイン1枚で5人増やすことができます。

スペシャルリクエストについてはコイン1枚で1回送信できます。

※不要ならコインに課金をする必要はありません。月額料金だけでもけっこうしっかりデートを目指せるので、実際コインを購入していない会員もたくさんいます。

コイン枚数 コイン料金
10コイン 2,200円
30コイン 6,000円
100コイン 18,800円
300コイン 42,800円

Dineでマッチングするためのコツ

Dineは即デートに繋げられるというのが売りですが、マッチングアプリなので!まずマッチングしなければデートに行けません。
それではマッチングするためにはどうしたらいいかというと・・・!

自分のプロフィールを充実させましょう。

合コンや街コンなどでは第一印象は対面時の姿ですが、Dineの場合はアプリのプロフィール写真とプロフィール内容が第一印象になります。
ここで『仲良くなれそうかな?』『気が合いそうな人かな?』と判断されます。

盛りすぎたり、詐欺写メを使ったりするのはNGですが、自分についてしっかりアピールはするようにしましょう。

1、プロフィール写真は物凄く大事

まず、パッと目につくものといえばプロフィール写真です。
プロフィール写真で好印象を残すには、自撮りより他撮りがベスト。自撮りは女性がやる分にはあまり気にされませんが、女性から見て男性が自撮りをしているよりは他撮りのほうが好印象に繋がりやすいようです。

写真の表情が暗かったり写真自体が暗いのもNG

微笑み~笑顔の表情で、明るい写真を選びましょう。

飲み会中に友達と撮影した写真や、スポーツをしている写真などを設定する場合は、他の人の顔をスタンプで隠すなどしてどれが自分か伝わるようにしましょう。

あとは職場の人とかただの友達だとしても、異性と写っている写真はNGです。異性と写っている写真で異性からも好かれる人気者感を演出したい場面もあるかもですが、非常に不評です。

写真は上半身~顔くらいまでがしっかり写るものだと雰囲気を伝えやすいです。
女子ウケする服装といえば、スーツやスポーツウェアです。
そのどちらの写真も無い、用意できないということであればラフすぎずカジュアルすぎず、奇抜すぎない清潔感のある服装で写ったものを選びましょう。

ヨレヨレの服、ボサボサの髪、不潔感のある写真は絶対に避けてください!

■Dineのプロフィール向きの写真■

  • 清潔感のある服装&髪型
  • 微笑み~笑顔の表情
  • 画質が暗すぎない
  • 自撮りより他撮り

2、基本項目はしっかり設定しているほうがいい

Dineで登録できるプロフィールの基本項目は、できるだけ空欄を作らずにしっかり入力しておくほうが良いです。

写真の印象をクリアしたらプロフィールをチェックされます。
そこをきちんと設定しておいたほうが、自分と相性の良い異性とマッチングしやすくなります。

3、自由に書けるプロフィールでもアピール

プロフィールの中に自由に自己紹介を入力できる欄があります。
これはある程度しっかり入力しましょう。

仕事や趣味のこと、どういう異性が好みかなど。

自己紹介として、自分について知っておいて欲しいことを、4行~5行くらいは書きたいところ。
ちなみにモテたいからといって、肩書や役職や自分語りを自己紹介のところでしすぎると女性は引いてしまう可能性があります。

自分語りしすぎないのも大切です!
あとは『です・ます調』で書きましょう。

4、数打てば当たるの精神。ダメでも気にしないで次を狙おう

Dineでリクエストしても、マッチングしない可能性はあります。
あくまでもマッチングアプリは自由意志による出会いなので、100%マッチングできるとは限らないものの、誰しもマッチングしないことはあるのであまり気にしないようにしましょう。

言葉は悪いですが、数打てば当たります!

マッチングしなくても、継続してリクエストを送るようにしましょう。

Dineでマッチングしたいならこれはやっちゃダメ!

Dineでマッチングするために欠かせないのがプロフィール写真で好印象を与えられるようにすることと、プロフィール&自己紹介の充実(=自分がどういう人間か伝えること)です。

それでは、Dineでマッチングを目指すならしてはいけないこと、やらないほうがいいこととは何なのでしょうか!

下記で確認していきましょう。

1、顔がわかる写真が一切ない

顔がわかる写真を一切登録しない・・・というのは止めておきましょう!

顔がわかる写真は設定しておいたほうがマッチング率が上がります。

『イケメンのほうがマッチングするんだろう・・・?』と思うかもしれませんが、女性は男性ほど異性の見た目を気にしない(仕事や内面など、容姿以外の部分で判断する)傾向があります。
つまり雰囲気さえ問題なければわりと色々な女性とデートはできます。

デートの先は相性次第ですが、デートまでならできるはずなのです。

雰囲気が問題ない・・・というのは、先に紹介した好印象に繋がる写真の特徴を意識しながら撮って対応しましょう。

2、異性と写っている写真をメインに登録

異性と写っている写真を嫌がる層は多いです。

特に女性の場合は知らない同性を嫌がりやすいです。
ちょっといいなと思っても隣に女性が写っていると、それだけでマッチングを避けたがる方は少なくありません。

女性と写っている写真がたまたまめちゃくちゃ良く撮れていて、どうしてもこれを使いたい!という場合は、女性が写っている部分をカットしたり、なんとかスタンプやモザイクで隠せるなら隠して対応しましょう。

3、プロフィールがほぼ未記入

写真の雰囲気が良くてもプロフィールがほぼ未記入だと『どんな人か分からないし・・・』とか『業者だったりしないよね?』とか、不安がられて避けられる確率が上がります。

自分と相性の良い相手と出会うためにも!プロフィールは設定しておきましょう。

Dine登録男性の特徴

Dineに登録している男性はイケメンや上場企業の社員など、自分に自信があるタイプが多い傾向です。
あとは社会人がほとんど。他のマッチングアプリより高額路線かつ、デート場所として掲載されているお店も高額路線なので・・・自然にそうなっている印象です。

とはいえイケメンでも上場企業の社員でもないという層もいて、だから不利になっているということはないようです。
写真やプロフィールの充実で女性を惹きつけることはできまs。

Dine登録女性の特徴

Dineに登録している女性は美女が多いです。
モデルの卵や読者モデルや秘書、アーティスト、CA、看護師などなど・・・普段あまりプライベートで出会う機会が無さそうな職種の方がけっこういます。

他のマッチングアプリでも美女やカワイイ子が多いと評判のものはありますが、Dineの場合は身ぎれいにしていて自分に自信がある風の方が多い印象です。

あとは20代前半の若い層も多いです。

女性にとってDineはおごってもらいやすいマッチングアプリなので、好奇心から使い始めやすいようです。

Dineのメリットとデメリット

Dineの最大のメリットはマッチングしてから実際に会う(デート)までをスピーディーにできることです。

多くの日本発のマッチングアプリだと、『いいね』をして、相手が『いいね』を返してくれたらマッチングが成立し、メッセージのやり取りで仲良くなってからデートの約束をするという流れですが、Dineはそういう工程をすっ飛ばして会えるわけです。

最初からデート前提で、デートの提案で気になる会員にアプローチします。
相手が承諾してくれたらメッセージのやり取りはあくまでも日程調節のためのもの。回りくどいことをしなくても、気になる会員に会えます。

ただし、このメリットは好み次第で本当にメリットになるかどうか左右されてしまいます。

メッセージのやり取りを重ねて相手のことを知ってから会うか判断したいという方にとっては、Dineのシステムは使いづらいのではないでしょうか。
反対に一般的なマッチングアプリの流れが面倒に感じる方や、実際に会ったら口説ける自信がある方などにとってはDineほど心強いマッチングアプリは無いのではないでしょうか。

■Dineのメリット■

  • 最初からデート前提でマッチングできる
  • 手間のかかる工程を省いてすぐに会える

反対にデメリットはあるのかというと、デート前提の出会いなのでたまにご飯をおごってもらうことを目的としている女性や、パパ活相手を探している女性が登録していることがあります。
Dineのスピーディーな流れは、そういう女性にとっては面倒くさくないありがたいシステムというわけです。

Dineの運営はアプリを安心して利用できるようにアプリを監視しているので、目的がいかにもそんな感じの層についてはあまり心配しなくていいですが、デメリットになりえる可能性の1つとして認識しておきましょう。

利用に向いているのはどういうタイプ?

上記のメリットを踏まえてDineの利用に向いているのは、まず『とにかくすぐにデートしたい』気持ちがある方です。

  • メッセージのやり取りを重ねるのが面倒くさい(スマホで文字を打つのが面倒という方にも良し)
  • 実際に対面すれば異性を口説く話術に自信がある
  • お相手は実際に対面していって選びたい
  • まだ付き合うか付き合わないかわからない段階でも、気になる相手と食事をして楽しい時間を過ごしたい

どれか1つでも当てはまるなら、Dineに登録だけでもしてみるのはいかがでしょうか!

最高級のお店でおごってもらえる

Dineを利用するメリットで、男性だと難しいですが女性なら期待できることが・・・『おごってもらいやすい』ということです。

『男性視点で見ればおごるなんて嫌だな』『せめて割り勘にしようとする姿勢を見せて欲しいな』と感じてしまうものかもしれませんが、女性の中には『2回目以降は割り勘を提案するけど初回のデートは払って欲しい』『初回のデートでケチではないか判断する』という層がいます。

こういう層を口説き落とすには、おごってあげることはけっこう大切です。

出会いの市場において男性はある程度の投資をしたほうが、やっぱりモテるということですね・・・。

男性からしてみれば何とも羨ましい、女性特有のDineのメリットです。

もちろん自分から割り勘を希望したり、割り勘を提案したら承諾してくれる女性もいるので、あくまでも女性が経験しやすいDineのメリットということです。

ドタキャンはなくなった?

以前、Dineには『デートのドタキャンが多い』という噂がありました。
しかし最近ではそういう噂はほぼ無くなりました。

理由は、ドタキャンするとアカウント停止処分になると明記されるようになったからです。
Dineでデートの日程調整をするとDine経由で予約することができるので、ドタキャンするとDineにしっかりバレてしまいます。そしてアカウント停止処分になるわけです。

そういう事情もあってDineでのドタキャンリスクはかなり低くなっています。

他のマッチングアプリとDineはどちらが出会いやすい?

Dineは真剣な婚活というよりは、恋活向けのマッチングアプリです。もっといえば気軽な食事デート~恋活を目的としている方と相性が良いマッチングアプリ。

出会いの目的がそこに当てはまるならDineはおすすめです。

出会いやすさでいえば、Dineは出会いやすいです。
積極的な会員が多く、積極的に会いたがっているからです。
とはいえ個人差もあるので、どうしても気になる場合はまずは無料会員ステータスで様子見をするのもあり。

ちなみに婚活をしたいなら、Omiaiやペアーズのほうが使いやすいマッチングアプリだと感じるかもしれません。

メシモクヤリモクそれぞれ気をつけよう

Dineは最初からデート前提というコンセプトで、デートに行くお店を設定したり一緒に行こうとリクエストしたりするシステムを持つことが特徴なので・・・どうしてもメシモク、ヤリモクの層が・・・一定数存在していると考えていいでしょう。

圧倒的にきちんと出会いを求めている会員が多いので、出会いについては安心して利用できるものの、そういう層もいる可能性は頭に入れておきましょう。

特に女性がDineを利用する場合は、『おごるからもっとお酒を飲むように』などと強く勧められても飲み過ぎないようにするなど、初対面であることを常に意識しつつデートを楽しみましょう。

男性の場合は、視点を変えれば仮にメシモクの相手が来たとしてもコミュニケーションを取っていけば口説き落とせる可能性があります。
メシモクだったとしても、別に誰とも恋愛しない主義ではないはずなので、仲良くなれば可能性があります。

メシモクを敵対しすぎないことが、Dineを乗りこなすコツかも!?

Dine運営会社

■Dine運営会社情報■

企業名 株式会社Mrk&Co
設立 2015年7月17日
本社 東京都渋谷区渋谷3-26-16 第五叶ビル5F
日本オフィス 東京都渋谷区東2-25-3 Wave渋谷 4F
公式サイト https://dine.dating/ja

『まとめ』今年こそ彼女が欲しいなら必見のマッチングアプリ=Dine

今回の記事では話題の『すぐにデートできる』マッチングアプリDineについてご紹介しました。

興味がある方はぜひDineに登録してみてはいかがでしょうか!